うつ診断を受けよう【自然治癒で治すことはできない病気】

サイトメニュー

知る価値のある治療法

看護師

認知行動療法という治療法

うつ病と病院で診断を受ければ、治療が始められるようになります。その治療法は薬物療法が主に考えられています。抗うつ剤を処方され、それを服用し症状を軽減させていく治療法です。しかし多くの人は、薬に頼って治すことを躊躇してしまうこともあり、自然治癒で治そうと病院にいかないこともあります。実はそのように病院に行かない人は、日本では9割といわれており、ほとんどが病気のままで過ごしていると考えられています。うつ病は、自然治癒で治すことはできないというわけではありません。しかし、できなくはないにしても、それはしっかりと生活習慣を改善させ、必要な栄養素を常に摂取しており、睡眠もちゃんと十分にとることができるようになっていることが主です。病気になれば、その習慣を身につけることがなかなか難しく、ほとんどの人が出来ずに過ごしています。もし病院で診断を受けながらも、薬を服用するには抵抗があるというのであれば、認知行動療法という心理療法を行っている病院で治療を始めると良いかもしれません。認知行動療法は欧米では当たり前のように行われている心理療法で、病気が再発する確率も5パーセント以下といわれている、効果の高い治療法です。しかし日本では、まだまだ広がっていないことから行われているところは多くありません。その理由は、認知行動療法が出来る医師が少ないことにあり、もし認知行動療法で治療を受けたいと考える場合は、その治療法が行われている病院かどうかを確かめるために問い合わせることが望ましいです。そのほかの方法ではインターネットで検索し、認知行動療法が行われているかどうかを調べることも良い方法となります。自分自身がどのような病気になっているのか、精神的におかしいと感じて病院で診断を受ける場合、どのように診られるのか知らない人はたくさんいます。もし病院で診察を受ける場合、医師から患者に、普段の生活の中で人間関係や仕事にかかわることなど、精神的につらいことがあるかどうかを聞かれます。しかしこの場合、詳しく話す必要はありません。話したくなければ、どにかく嫌なことはあるなど軽く離す程度でも医師は十分に受け入れてくれます。そのほかの診察では、体調からあらわれている症状かどうかを確かめるために、尿検査や体温を測るなど、基本的な診断を行うこともあります。体調的なものかどうかを確かめながら患者に話を伺い、そこでどの話をすることで表情に変化があるかどうかを医師が確認し、場合によっては家族からも話を伺うこともあります。総合病院で診察を受ける場合は、うつ病によるものかどうか、その脳の変化を調べるためにMRIや脳波検査、心理検査、血液検査など行われることもあります。そしてうつ病だと診断されれば、治療が始められるという流れとなります。治療を始める場合は、医師によっては今後の生活習慣の改善のアドバイスを行う人もいます。うつ病は、生活習慣が乱れてしまい、それがなかなか治せずに過ごしている患者もたくさんいます。とくにうつ病を発症した人の多くは、夜目が覚めて朝眠りについてしまうことが多く、睡眠もしっかりとることができずにいます。しっかり治すことができるようにするために、少しずつ生活習慣を改善することも大切です。

カウンセリング

通いやすい場所にある病院

心の悩みが身体に影響を及ぼすうつ病は、早期の治療が大切です。うつ病であるかを診断できる医療機関としては、精神科や心療内科が挙げられます。専門的なメンタルケアのクリニックに通院する以外にも、総合病院の精神科に診てもらう方法があります。

女性

心身の不安定には注意する

うつ病の可能性があると感じたら医療機関でうつ病の検査・診断を受けてください。早期発見・治療をするのが好ましいため、頑張りすぎて症状を悪化させないようにします。治療法は休職を中心に薬物療法やカウンセリングなどを併用していきます。

医者

精神病で行われる検査

うつの診断はカウンセリングを行って調べますが、体に異常がないかも検査するのである程度は時間がかかります。病気だと分かった時は治療しますけど、保険を使えるので数千円程度の費用ですむため大きな負担にはなりません。

Copyright© 2018 うつ診断を受けよう【自然治癒で治すことはできない病気】 All Rights Reserved.