うつ診断を受けよう【自然治癒で治すことはできない病気】

サイトメニュー

心身の不安定には注意する

女性

精神疾患は早めの治療を

抑うつ気分、意欲の低下はうつ病診断の目安となる症状で、気持ちがネガティブになったり集中力が低下したりします。趣味・娯楽に対して興味を抱かなくなってきたら、精神的にかなり不安定な状態にあると言えるでしょう。人間の身体には自律神経が備わっており、健康のためには交感神経と副交感神経のバランスが何より重要となります。このバランスが崩れると常に憂鬱を感じるようになり、毎日の生活にハリがなくなっていきます。仕事のミスが急激に増えてきた場合は、集中力が低下していると考えてよいでしょう。物事を理解するのに時間を要するようになった場合も、脳の機能が低下している証拠です。脳はストレスの影響を強く受けるので、ポジティブ思考を維持するように工夫してください。うつ病診断の目的はいち早く症状に気づいて対策をすることにあるため、定期的に診断を受けるようにしてください。なんとなく心身の状態が安定しないことは誰にでもありますが、その状態が継続するようなら問題があります。睡眠をしっかりと取っているのに疲労が抜けないなら、うつ病の初期症状かもしれません。食欲が著しく低下したり頭痛を感じたりするようになる場合もリスクがあるので、早めに医療機関で検査・診断を受けてください。ほかにも性欲減退・EDなどの原因になったり、女性特有の疾患のリスクを高めたりします。原因不明の体調不良がずっと続くときは、うつ病のリスクがあると考えてよいでしょう。対策する上で大切なのは自分ごとと考えることであり、それが医療機関に行くきっかけとなります。基本的にうつ病になったら長期休暇を確保して心身をゆっくりと休める必要があります。うつ病診断は精神疾患に気づくことが目的なので、診断結果を正直に受け止めて対策をすることが大切です。うつ病の自己診断は非常に難しいですが、これは逆の症状が発生するケースがあるからです。例えば暴飲暴食に走ったり過度の睡眠が必要になったりすることがあり、こうした極端な症状が発生する場合は注意してください。自律神経のバランスが崩れてしまうと、人は急のつく習慣をしてしまうケースがあります。うつ病と診断された場合は焦ることなく、じっくりと時間をかけて改善させていきましょう。休養を確保することが最も大切なので、会社に相談して休職を確保するのが好ましいです。もしくは完全に仕事を辞めてしまい、仕事のことは頭から消してしまいます。疲労は比較的解消しやすいですが、長期間を経て蓄積したストレスは簡単には解消しません。早期復職ばかり考えてしまうと再発する可能性があるため、休養と薬物療法で完全に治癒させる必要があります。あとは定期的に医療機関でカウンセリングや検査を受けて、心身のバランスがどのように変化しているのかチェックします。治療効果が出始めてきたら、無理をしない範囲で少しずつ活動範囲を広げていきます。趣味を見つけて打ち込んだり、リハビリをしたりして社会復帰を目指してください。同時にうつ病を予防するための対策を実践して再発しないようにします。元の職場に復職する場合は、同僚や上司の理解やサポートが必要になることもあります。

Copyright© 2018 うつ診断を受けよう【自然治癒で治すことはできない病気】 All Rights Reserved.